犬のしつけと犬種図鑑ナビ  

犬を甘やかすことが本当は犬を苦しめている

犬のしつけについて勉強したことのない人は、犬をしつけることにさえ、人間のルールに従わせて、なんだか可愛そう。犬をしつける必要なんてない。第一、無理やり何かをさせるなんて可愛そうだ。

・・・なんて発想をします。

でも厳しいことを言うようですが、それらの考え方は実は全くの逆です。

犬を飼い主に服従させることは可愛そうなことでも何でもありません。
犬にとってみればそれはとても安心できて快適な関係なのです。

その理由は犬の習性が分かれば理解できると思います。
犬はもともとは群れを作って行動する習性があります。
家庭犬となった今でもその本能はしっかりと残っています。

群れではリーダーの存在が絶対です。群れのリーダーには絶対服従します。
他の犬達はリーダーがいるからこそ安心して暮らしてゆけます。
何故なら、リーダーは自分達の食事と安全を確保してくれる存在だからです。

だからこそ、犬は頼りになるリーダーを求めています。
その方が安全で安心できて幸せだからです。

しかし、甘やかして育てると、犬は自分がリーダーなのだと思います。
するとどうなるか、リーダーは群れを守るべき存在です。
だから、家では吠えまくる、人には攻撃的になったり、神経質になったり・・・するわけです。

そして、いつもぴりぴりしている状況になります。

そうやってストレスがたまる状況にいる犬が果たして幸せでしょうか?
飼い主だって、人に迷惑をかけるような行動を犬がとったら叱るかも知れません。
そのたびに犬は不快な思いをするわけです。

それよりも、安心できるリーダー(飼い主)に従っていた方が犬はずっと安心して暮らせるのです。飼い主も他人に迷惑をかけない犬なので、叱る必要もなくなります。両方ともハッピーな状況になるわけです。

日本一の訓練士、藤井聡先生の犬のしつけ法

TVチャンピオン連続優勝、遠藤和博のしつけ法

関連ページ