犬のしつけと犬種図鑑ナビ  

犬の褒め方とご褒美の使い方

犬は褒められることがとても大好きなことをご存知ですか?そんなところは人間と同じなんです。特に飼い主との信頼関係がしっかりと築かれている場合、犬は褒められることに喜びを感じます。

犬は利口な動物なので、飼い主に褒められていることはすぐに理解します。

では犬の褒め方についてですが、具体的にはどうしたらいいのでしょうか?
犬を褒めるにはご褒美を上手に使ってゆくことが大切です。

ご褒美にはどんなものがいいでしょうか?
おやつ・・・がすぐに思いつきますね。食欲という犬の本能をうまく利用することで上手にしつけをすることができるようになります。

おやつにもビーフ・ジャーキーでもいいし、ビスケットでもいいです、その犬が好きなものを選んであげるといいでしょう。おやつは最も一般的なご褒美で効果も抜群です。

犬が喜ぶ褒め方

褒めることそのものも犬にとっては、ご褒美にあたります。「よし。よし。」「グッド」など言葉で褒められることは犬にとってはとてもうれしいご褒美になります。

最初はおやつに頼ってもいいですが、その後は言葉で褒めるというご褒美を使って犬にしつけができるようになりましょう。

それから、体をなでてあげることも犬にとってはご褒美になります。
褒め言葉をかけながら、体をなでてあげると犬はとても喜びます。

そのほか、おもちゃを与えるのもご褒美になりますから、その犬が好きなおもちゃをご褒美として与えてあげましょう。ここで重要なのはおもちゃは常に与えておかないということです。

こうしてみると褒めるといっても色々な方法があることが分かりますね。

それから、犬が喜ぶ褒め方のポイントも抑えておきましょう。

まず、ご褒美はすぐに与えましょう。時間が空いてしまうと、犬は何に対してのご褒美なのかが理解できませんので。それから、例えば何でもいいです、お座りなどを覚えさせてできるようになると褒めてあげるのをやめる飼い主がいますが、これは間違いです。

いくらできるようになったとしても、必ず褒めてあげて下さい。それによって犬はもっと褒められるようなことをしよう・・・となりますので。勿論、おやつばかりを与える必要はありません。言葉で褒めてあげること、体をなでてあげるご褒美を続けるようにしてあげるといいでしょう。

日本一の訓練士、藤井聡先生の犬のしつけ法

TVチャンピオン連続優勝、遠藤和博のしつけ法

関連ページ