犬のしつけと犬種図鑑ナビ  

犬のしつけ:子犬などのあまがみには

犬のしつけはしっかりしているつもりでもあまがみに関してはまだ子犬だし、痛くない程度の力で噛んでいるのだから・・・という理由で放置している飼い主もいるようです。

しかし、そうやってあまがみを放置した結果、成犬になっても噛み癖が抜けない犬もいます。大きくなれば力もついてきますから、思わぬ事故にもつながりかねません。あまがみは絶対に放置してはいけないのです。

あまがみをしてきた時の最悪の対応は騒いだりすることです。こうすることで子犬はかまってくれるのだと思ってしまいます。

また、あまがみは犬にとっては単純に遊んでいる行為だけとはいえません。あまがみをさせていると、子犬は自分の方が飼い主よりも上だと勘違いするようになります。これがわがまま犬になるきっかけです。

上下関係の犬社会にいる犬をしっかりとしつけるには飼い主がリーダーであることを犬に示してあげる必要があるのです。

そのため、あまがみであっても放置しておくわけにはいきません。

さて、あまがみする犬のしつけ方法ですが、あまがみをしてきたら、そのままにせずすぐに手を離します。そして、そのまま犬をしばらく無視して下さい。ここで声を荒げてしかったり、叩いたりしても逆効果なのでやめましょう。

それよりは犬をしばらく無視します。無視をして犬がかむことをやめたら、ほめてあげます。

もう1つの方法は犬の口の握って、上下左右に動かします。犬は自分の口(歯)を使って攻撃する本能がありますが、その口を自由に触られることで、自分は飼い主の下であるという認識を持つようになります。

この方法を繰り返すことで犬はあまがみをしなくなります。

日本一の訓練士、藤井聡先生の犬のしつけ法

TVチャンピオン連続優勝、遠藤和博のしつけ法

関連ページ