犬のしつけと犬種図鑑ナビ  

犬のしつけ:ハウスが犬にとって必要な理由

さて、今回は犬のしつけ、ハウス編と題してご紹介してゆきたいと思います。室内犬の場合、多くは犬の中で放し飼いにしているケースがほとんどです。ハウスは寝るときやお留守番の時だけ・・・という飼い主も多いと思います。

そんな飼い主に聞くと、犬を狭いハウスに閉じ込めてしまうのは犬がかわいそう・・・と言います。でも本当にそうでしょうか?

犬は本来、巣の中に身を潜めて暮らす生き物です。これは外敵から身を守るためで、その巣にいる時というのは犬は安心していられるのです。ですから、巣にいる時間というのは犬にとってはリラックスタイム・・・というわけですね。

この犬の習性は家庭犬の場合でも当たり前ですが、当てはまります。家庭でいる場合の巣とは、ハウスのことですね。

ところが、ハウスに閉じ込めるのは可愛そうだから・・・などといって放し飼いにすると犬にはリラックスできる巣(ハウス)がないわけですから、いつも緊張を強いられる結果となります。

そのため、ちょっとしたことで吠えたり、神経質になる犬も沢山います。来客があったときや玄関に誰か来た時など、吠えたり攻撃的になる犬もいますが、これはハウスに入れていないことが原因の1つです。

また、トイレのしつけができないという方もいますが、これもハウスを使っていないことが原因の1つです。詳しくはトイレのしつけについてのページをご覧下さい。

少し話がそれましたが、ハウスはそんな理由から必要です。本来、ハウスは犬にとってとても安心していられる癒しのスペースなのです。しかし、最初はあなたが用意したハウスになれないかも知れません。そんなときの対策などについては次から詳しくご紹介してゆきます。

日本一の訓練士、藤井聡先生の犬のしつけ法

TVチャンピオン連続優勝、遠藤和博のしつけ法

関連ページ