犬のしつけと犬種図鑑ナビ  

飼い主にとっても犬のハウスのしつけが必要な理由

犬にとってのハウスは本来落ち着ける場所、リラックスできる場所であると説明しました。でも多くの飼い主は狭い場所に入れておくと可愛そう・・・と犬の習性を無視して考えてしまいます。

でもそれもそうです。人間からみれば狭いスペースにじっとしているなんて苦痛だろう・・・と思ってしまいます。でも犬はもともと、外敵から守られた巣で過ごす習性のある動物です。ですから、ハウスで暮らすことは何の問題もないばかりか、放し飼いにされるよりずっと安心していられる暮らし方なのです。

さて、では飼い主の視点から見て何故犬のハウスのしつけは大切なのでしょうか?

まず、ハウスは犬にとって落ち着ける場所であることを考えてみます。ということは犬が過度に興奮した状態を鎮めるのには絶好の方法だということになります。

例えば、来客があったときなどがそうです。また、旅行などに連れて行くときも、ハウスを持ってゆくことで犬も安心して眠ることができるようになります。

さらに動物病院などに連れてゆく際も犬を過度に緊張させたり、興奮させたり、怖がらせたりしないで済むことになります。

普段の生活の中でも遊ぶ時などはハウスから出して、遊び終わったらハウスに戻してあげる・・・という習慣をつけてゆきましょう。犬はその方がリラックスできるようになります。

中には犬が悪いことをした時にだけハウスに入れるという方もいると思いますが、これはハウスの本来の使い方とは逆ですので、やめた方がいいでしょう。

日本一の訓練士、藤井聡先生の犬のしつけ法

TVチャンピオン連続優勝、遠藤和博のしつけ法

関連ページ