犬のしつけと犬種図鑑ナビ  

ボクサーのしつけとその特徴

犬種名: ボクサー 読み: ぼくさー
英語: Boxer 原産国: ドイツ
種類: 大型犬 体高: 53センチから64センチ
体重: 25キロから32キロ 手入れ: 少なめ
運動量: 多い 無駄吠え: 場合によって吠える
       
友好的 しつけやすさ
協調性 飼い易さ
 
ボクサーはドイツが原産の大型犬です。ボクサーの祖先はベルギーにいた猟犬にマスティフやブルドッグ、テリアなどを交配したものだと言われています。

闘牛や闘犬のために開発されたボクサーは当時はかなり獰猛なところがあったといわれますが、現在は改良されて優しく、飼い主に忠実な犬種になりました。

訓練性能が高いことから警察犬や軍用犬としても活躍しています。

ボクサーは賢い犬でしつけもしやすいのですが、意外と傷つきやすく、ナイーブなところがありますから、激しくしかったり、厳しくしつけすぎたりするのは逆効果です。しつけは優しく、根気強く続けてゆきましょう。

かといって甘やかしたり好き勝手にさせておけば、飼い主や家族との信頼関係がしっかりと築かれず、攻撃的なところもでてきますから、気をつけてください。

ただ、子犬の頃からしっかりとしつけをして、コミュニケーションをとってゆけば、飼い主に従順な素敵なパートナーになってくれることでしょう。強面の顔からは想像できない、甘えん坊な一面もあって可愛いという人もいると思います。

ボクサーは闘犬としての歴史もありますから、大変力の強い犬です。いざというときは飼い主がしっかりとコントロールできるようにしつけをしておきましょう。

運動量は豊富ですので、散歩は1日2回、それぞれ60分はみてあげてください。

日本一の訓練士、藤井聡先生の犬のしつけ法

TVチャンピオン連続優勝、遠藤和博のしつけ法