犬のしつけと犬種図鑑ナビ  
犬のしつけと犬種図鑑ナビ > 犬種図鑑 >ミニチュア・ピンシャー

ミニチュア・ピンシャーのしつけとその特徴

犬種名: ミニチュア・ピンシャー 読み: みにちゅあ・ぴんしゃー
英語: Miniature Pinscher 原産国: ドイツ
種類: 小型犬 体高: 25センチから30センチ程度
体重: 4キロから6キロ 手入れ: 少なめ
運動量: 多め 無駄吠え: 場合によって吠える
       
友好的 しつけやすさ
協調性 飼い易さ
 
ミニチュア・ピンシャーはドイツが原産の小型犬です。ミニピンの愛称でも知られるミニチュア・ピンシャーですが、その見た目はドーベルマンにも似ています。一見するとドーベルマンを小型化したような犬種ですが、実はその歴史は古く、誕生したのは1700年代とドーベルマンよりも200年近くも前から存在していました。

そんな歴史も古いミニチュア・ピンシャーは軽やかに歩く姿が印象的ですよね。小型犬なのですが、筋肉質な体質で運動量も小型犬としては比較的多い方です。なので散歩も1日2回、20分程度を目安にするといいでしょう。

また、見かけ通り俊敏でジャンプ力がとてもあります。ただ、体は細いですから、ジャンプばかりして怪我をしないよう注意してあげることも必要になってくるかと思います。

ミニチュア・ピンシャーのしつけですが、もともと人懐っこい性格ですが、飼い主や家族とのコミュニケーションが不足したり、一人ぼっちにさせておく時間が多かったり、また甘やかして育てたりすると吠えたり、神経質になって攻撃的な面がでてくることがありますのでしつけはしっかりと行ってあげてください。

また、プライドが強いところがあったり、気が強いところもありますので、その辺もしつけの際に考えてあげるといいかも知れません。甘やかしてしまうと、無駄吠えも増えることもありますのでその辺も注意したいところです。

ただ、賢い犬ですのでトレーニングのしがいはあると思いますね。

寒さにはそれほど強い犬種ではありませんので、真冬の散歩などは何か防寒対策をしてあげるといいと思います。

日本一の訓練士、藤井聡先生の犬のしつけ法

TVチャンピオン連続優勝、遠藤和博のしつけ法