犬のしつけと犬種図鑑ナビ  

レオンベルガーのしつけとその特徴

犬種名: レオンベルガー 読み: れおんべるがー
英語: Leonberger 原産国: ドイツ
種類: 大型犬 体高: 65センチから80センチ
体重: 34キロから50キロ 手入れ: 普通
運動量: 多い 無駄吠え: あまり吠えない
       
友好的 しつけやすさ
協調性 飼い易さ
 
レオンベルガーはドイツが原産の大型犬です。その祖先はドイツのレオンベルク州でハインリッヒ・エシッグという人物が州の紋章にもなっていたライオンに似た犬を作り出そうとして開発した犬種です。

そのもとになっているのはセント・バーナードやグレート・ピレニーズ、ニューファンドランド、ランドシーアなどのようです。

ライオンに似せて作り出されたというだけあって、周囲を圧倒する迫力を持った巨大な犬です。ヨーロッパでも各国の王室でも飼われていたという記録があります。戦後には一時絶滅の危機に瀕しましたが、その後、ドイツやイギリスの愛好家の手によってその数が復活しました。

迫力ある外観ですが、中身は温厚で優しい犬です。おおらかで子供相手でも無駄に怒ったりはしません。

無駄吠えもなく、飼い主や家族に対しては平和主義者で、家庭犬としての資質を持ち合わせています。そんな良い面を引き出すためにも、しつけは子犬の頃からしっかりと行いましょう。

寒さにはとても強い犬種です。運動量は豊富ですから、散歩は1日に2回、それぞれ60分は見てあげたいところです。

日本一の訓練士、藤井聡先生の犬のしつけ法

TVチャンピオン連続優勝、遠藤和博のしつけ法