犬のしつけと犬種図鑑ナビ  
犬のしつけと犬種図鑑ナビ > 犬種図鑑 >ウェルシュ・スプリンガー・スパニエル

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルのしつけとその特徴

犬種名: ウェルシュ・スプリンガー・スパニエル 読み: うぇるしゅ・すぷりんがー・すぱにえる
英語: Welsh Springer Spaniel 原産国: イギリス
種類: 中型犬 体高: 46センチから48センチ
体重: 16キロから20キロ 手入れ: 普通
運動量: 多い 無駄吠え: 場合によって吠える
       
友好的 しつけやすさ
協調性 飼い易さ
 
ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルはイギリスが原産の中型犬です。イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの耳の飾り毛をとるとウェルシュ・スプリンガー・スパニエルになります。

それほど似ているのですが、祖先はイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルやコッカー・スパニエルなどとも同じと言われています。その元になったものは1300年にすでに存在していたとされ、とても古い歴史があります。

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルが犬種として公認されるようになったのは、1570年になります。

イギリス以外で知られるようになったのは19世紀から20世紀になってからです。イギリスでは鳥猟犬としても活躍していましたが、見た目の美しさからヨーロッパ以外にもオーストラリアなどでも人気です。

性格は温厚で好奇心旺盛です。陽気なところがあり、飼い主と一緒に遊ぶのが大好きな犬です。何かを見つけるとそれに夢中になりますが、飼い主の命令にはどんな時でも従ってくれますから、しつけはとてもしやすい犬種です。

体もそれほど大きくなく、日本の生活環境でも十分に適応していける犬種で、しつけもしやすく、飼い主に従順な犬ですから、初心者にも飼うのはそれほど難しくはないでしょう。

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの運動量は豊富ですので、散歩は1日2回、それぞれ30分を考えてあげるといいと思います。寒さには比較的強い犬種です。

日本一の訓練士、藤井聡先生の犬のしつけ法

TVチャンピオン連続優勝、遠藤和博のしつけ法