犬のしつけと犬種図鑑ナビ  
犬のしつけと犬種図鑑ナビ > 犬種図鑑 >シベリアン・ハスキー

シベリアン・ハスキーのしつけとその特徴

犬種名: シベリアン・ハスキー 読み: しべりあん・はすきー
英語: Siberian Husky 原産国: アメリカ
種類: 大型犬 体高: 50.5センチから60センチ
体重: 15.5キロから28キロ 手入れ: 多め
運動量: 多い 無駄吠え: 場合によって吠える
       
友好的 しつけやすさ
協調性 飼い易さ
 
シベリアン・ハスキーはアメリカが原産の大型犬です。かつては日本でも大ブームとなった犬です。あまりの人気で、シベリアン・ハスキーを連れ去るといった事件もおきるほどでした。

しかし、流行にのって飼ってみたのはいいけれど、シベリアン・ハスキーをよく理解もしていなかったという飼い主が多く、無駄吠えや逃亡癖などに悩んだあげく、山に捨てる・・・といった悲劇も起こってしまいました。

ブームが去った後はしばらく、シベリアン・ハスキーの数はすっかり減ってしまったのですが、その後、その人気を少しずつ回復させてきました。現在はシベリアン・ハスキーもより理解されてきたため、過去のような悲劇は繰り返されていません。

その昔はそり犬などとしても活躍した犬で、1908年にアラスカで行われた犬そりレースで大活躍を遂げました。

鋭い眼光とオオカミのような風貌でどこか近寄りがたい感じがする犬ですが、実は陽気で楽天家でもあります。飼い主との信頼関係がしっかりとできていれば、従順な犬になってくれます。

自分で判断して行動するのが得意な反面、しつけには多少苦労することがあるかも知れませんので、しつけは根気強く続けてゆきたいところです。

運動量はとにかく豊富ですから、自転車を併走させたり、駆け足などを含めて散歩は1日に2回、それぞれ60分程度を目安にするといいと思います。

寒さには強い犬ですが、暑さ対策は必要になってくるでしょう。

日本一の訓練士、藤井聡先生の犬のしつけ法

TVチャンピオン連続優勝、遠藤和博のしつけ法