犬のしつけと犬種図鑑ナビ  
犬のしつけと犬種図鑑ナビ > 犬種図鑑 >ジャイアント・シュナウザー

ジャイアント・シュナウザーのしつけとその特徴

犬種名: ジャイアント・シュナウザー 読み: じゃいあんと・しゅなうざー
英語: Giant Schnauzer 原産国: ドイツ
種類: 大型犬 体高: 60センチから70センチ
体重: 32キロから35キロ 手入れ: 普通
運動量: 多い 無駄吠え: 場合によって吠える
       
友好的 しつけやすさ
協調性 飼い易さ
 
ジャイアント・シュナウザーはドイツが原産の大型犬です。シュナウザーの中では最も大型なタイプです。ジャイアント・シュナウザーはスタンダード・シュナウザーにグレード・デーンやブービエ・デ・フランダースなどを交配して開発されたと言われています。

牧畜犬としても能力が高いほか、番犬や警察犬などとしても活躍してきました。

その性格は冷静で普段はとてもおとなしいのが特徴です。家庭では暴れるわけでもなく、物静かです。

しかし、その反面警戒心がとても強く、防衛本能がとても高い犬です。不審な人や物音などにはすぐに反応し、吠え立てたり、攻撃的になることがあります。テリトリー意識が強いので、よい番犬となってくれることでしょう。原産国のドイツではビール工場で番犬をしていたこともあります。

また、状況判断もよく、冷静に行動できる犬種であると言えますね。

飼い主に対しては忠実で家族にも愛情深く接してくれます。知的な犬ですので、しつけもしやすいとは思いますが、その高い能力を引き出すためには飼い主も高いレベルのしつけや訓練ができなければなりません。

運動量は豊富ですので、毎日2回、それぞれ60分程度の散歩をしてあげるといいと思います。

日本一の訓練士、藤井聡先生の犬のしつけ法

TVチャンピオン連続優勝、遠藤和博のしつけ法