犬のしつけと犬種図鑑ナビ  
犬のしつけと犬種図鑑ナビ > 犬種図鑑 >ダックスフンド(ミニチュア・カニーンヘン)

ダックスフンド(ミニチュア・カニーンヘン)のしつけとその特徴

犬種名: ダックスフンド(ミニチュア・カニーンヘン) 読み: だっくすふんど
英語: Dachshund 原産国: ドイツ
種類: 小型犬 体高: 20センチ〜
体重: 9キロ〜 手入れ: 普通
運動量: 普通 無駄吠え: 吠えやすい
       
友好的 しつけやすさ
協調性 飼い易さ
 
ダックスフンドはドイツが原産の小型犬です。日本でもプードルなどと共に大人気の犬種です。

もともとはアナグマを狩るために使われた猟犬でした。サイズがミニチュアやさらに小さなカニーンヘンなどに分かれますが、それぞれ違った大きさの獲物を捕るために改良されてきました。

毛質も3つのタイプがあります。スムースタイプ、ロングタイプ、そしてワイアータイプです。ダックスフンドの性格は全体的に明るく人懐っこい・・・という特徴がありますが、その毛質によって性格が多少異なってきます。

まず、ロングタイプは多くの人がダックスフンドに抱いているような温厚で甘えん坊な一面もあります。スムースタイプは人懐っこくて甘えん坊、明るくて活発という特徴があります。最後にワイアーですが、テリアの血を受け継いでいることもあり、気が強く頑固な面もあり、やんちゃでいたずら好きな一面もあるようです。

しつけの際はそれぞれの特徴を把握しながら行ってゆくといいでしょう。

ダックスフンドは胴長という体の特徴から腰や背中を痛めやすいという点もあります。その原因の1つは運動不足、そしてもう1つは食事の管理です。どちらも飼い主がコントロールできることだと思いますので、甘やかさずキチンとしつけをすることが大切ですね。

食べ過ぎたり、運動不足になってしまうと、肥満になってしまい椎間板ヘルニアを発症することがありますので注意してください。

また、猟犬であるということから、警戒心が強く吠えやすいという傾向もありますのでその辺はきちんとしつけをしたいところです。

ただ、きちんとしつけることで家族の一員としてみんなを明るくしてくれたり、飼い主の気持ちを理解したりと、家庭犬としてその力を発揮してくれることでしょう。

日本一の訓練士、藤井聡先生の犬のしつけ法

TVチャンピオン連続優勝、遠藤和博のしつけ法