犬のしつけと犬種図鑑ナビ  
犬のしつけと犬種図鑑ナビ > 犬種図鑑 >ノルウェジアン・ビュードッグ

ノルウェジアン・ビュードッグのしつけとその特徴

犬種名: ノルウェジアン・ビュードッグ 読み: のるうぇじあん・びゅーどっぐ
英語: Norwegian Buhund 原産国: ノルウェー
種類: 中型犬 体高: 41センチから46センチ
体重: 18キロ 手入れ: 少なめ
運動量: 多め 無駄吠え: 吠えやすい
       
友好的 しつけやすさ
協調性 飼い易さ
 
ノルウェジアン・ビュードッグはノルウェーが原産の中型犬です。そのルーツはスピッツであると言われていますが、歴史は古く、西暦900年には存在していたと考えられています。

昔は家畜を守るために活躍していたと言われていますが、西ノルウェーで今の形に改良されました。シェットランド・シープドッグのもとになった犬種でもあるといわれています。

ドッグショーにも1920年代に登場しています。

ノルウェジアン・ビュードッグは非常に利口な犬種で物覚えもよく、しつけがいがあるといえるでしょう。さまざまな訓練もこなし、災害救助犬としてや介護などの分野でも活躍する犬もいます。

また、警戒心も強いですから、番犬としても活躍してくれると思います。

ただし、スピッツがもとになっているので無駄吠えをすることがあります。その点はよくしつけをしないといけません。都会での暮らしにも順応能力があると思いますが、吠え癖をやめさせるためのしつけができなければ、近所迷惑となってしまうので集合住宅などは特に難しいかも知れません。

しつけは根気よく・・・ということですね。

また、運動量が多い犬ですので、散歩は1日2回それぞれ1時間程度は必要です。寒さには強い犬種です。

日本一の訓練士、藤井聡先生の犬のしつけ法

TVチャンピオン連続優勝、遠藤和博のしつけ法